気兼ねなく不調を相談できる

家から通える
かかりつけ医をもちましょう

いつおこるかわからない!?
あなたも交通事故の被害者に!

  • ちょっとした接触でも
    長引く怪我や痛みの原因に

    • 横断歩道をわたっていると左折車と接触した
    • 宅配のスクーターと接触した
    • 自転車に後ろからぶつかられた
    • 雨の日に滑って転んでしまった
    • 信号待ちをしていたら、後続車に追突された

  • 「軽くぶつかられただけだから〜」、「自転車同士でぶつかったてこけただけ……」
    一見、軽微な事故だと判断した後から、じわじわと痛みや怪我の症状があらわれることがあります。
    「大きな総合病院を受診するほどではなさそうだけど患部が痛い」、「痛みもあるし、腫れもなかなか引かないけど、大きな病院まで通うのはしんどい」
    通院が億劫で受診までに時間が経過したことで、完治にいたるまでの期間がかかってしまうということも多くあります。


選ばれるには理由がある

  • 院長 金城 聖一

    SHOICHI KANESHIRO

    「専門医」かつ「総合医」

    当院で中心に提供する骨粗鬆症、関節リウマチなどは治療方法・薬物療法が飛躍的に充実してまいりました。
    しかし継続した治療の過程では、上手に症状と付き合っていかなければならないこともたくさんあります。
    患者様ひとりひとりの体質・生活環境なども踏まえ、整形外科疾患の専門医としてだけではなく全身を統合的に診る「総合医」としての視点も大事にしております。

    受賞歴
    • Annual European Congress of Rheumatology EULAR 2012 travel award
    • 2nd Joint Meeting of the International Bone and Mineral Society and The Japanese
      Society for Bone and Mineral Research (IBMS/JSBMR) 2013 travel award
    • 2017年度 日本骨代謝学会(JBMM)論文賞
    • 2017年度 日本骨粗鬆症学会 森井賞(共著)
  • 診察風景

    平成15年から地域医療に貢献

    当院は平木秀樹前院長によりながく地域に根ざした医療を提供し、相談しやすい診療環境をつくることに尽力してまいりました。
    18年間という長き歴史を令和3年より引継ぎより質の高い診療・療法を提供しております。
    整形外科疾患のみならず、一般の内科疾患への対応も行っており、健康診断、予防接種から、風邪、高血圧、糖尿病、高脂血症、痛風など、皆様の身近にある疾患に対してもしっかりと対応しております。
    内科も一緒に診てほしいなど、お気軽にご相談ください。

  • かねしろ整形外科の3つの治療方針

    • 理学療法士による
      リハビリテーション
    • 鎮痛・抗炎症のための
      内服・外服治療
    • レントゲンなど視覚的情報を
      用いた治療相談・教育

投薬だけ、リハビリだけ……では、十分とは言えません

ストレスや不安を少なく抑えて
続けやすい治療方法を一緒に決めていきましょう

症例01

自転車で歩道を走っているとき、駐車場から出てきた自動車と出合い頭に接触。
転倒した際に右手をついたことによる痛みと腫れを訴えて来院。

  • 舟状骨骨折

    舟状骨は手関節にある8つの手根骨の1つで母指(親指)側にあり、手関節の動きを司る重要な骨です。舟状骨骨折は、通常のX線(レントゲン)写真の撮り方では骨折は見えにくく、見逃されてしまうこともあります。
    舟状骨骨折は偽関節(骨折した骨が完治せずに関節のように動き痛みが残存します)になりやすいのが特徴です。
    この舟状骨骨折は、骨折しているとは思わず、「捻挫した」と思ったまま放置したため、偽関節になることが多く、適切な初期診断および治療が重要となります。

    TFCC損傷

    「手掌をついて転倒した」「手関節をひねった」などを契機に手関節尺側部(小指)に痛
    みが生じた場合は,外傷性TFCC(triangular fibrocartilage complex;三角線維軟骨複合体)損傷の可能性があります。
    強い腫れや発赤などがほとんどないにも関わらず、手関節尺側の運動時痛が続く場合はTFCC損傷を疑います。手関節TFCCはMRI検査で比較的異常が認められやすいのですが、診断を画像検査に頼りすぎると、本当の原因を見逃してしまう可能性があります。
    的確な診断を行うには、画像診断のみならず、診察を行い、その他の疾患の可能性を十分に考慮する必要があり、そのうえでTFCC損傷の診断を行います。
    尺側手根伸筋腱の腱鞘炎が高率(50~60%)に合併するので,特に注意が必要です。


症例02 &症例 03
  • 症状

    赤信号で停車中、後続車に追突され、むち打ちに。
    事故後3カ月以上たっても、全く痛みがなくならないと訴えて来院。

  • 症状

    駐車場の出口で後続車が追突。低速だったにもかかわらず、変な姿勢の時に追突されたため、頸椎捻挫からのめまいやしびれ、痛みが続き、セカンドオピニオンを求めて来院。

  • 外傷性頚部症候群

    頚椎部に外力が加わって生じた障害は「外傷性頚部症候群」と総称します。骨・関節などの器質的な異常がなく、痛みが長引く場合は、心理的・社会的な要素の疼痛が関与します。
    最も頻度が高い症状は頚部痛です。頚椎由来の可動域制限や感覚障害,筋力低下などの神経学的異常だけでなく,めまい,頭痛,耳鳴り,嚥下障害,顎関節症など,症状は多岐にわたります。
    自律神経症状(めまい,耳鳴り,顔やうでのしびれや感覚異常など)がある場合は,Barré-Liéou症候群とよばれます。

治療について

2009年に国際疼痛学会でその治療法が提唱されており、基本的治療方針として、患者教育・運動療法・安心を与える・活動性を保つこと・通常の日常生活を再開することが治療のポイントとなります。

  • 日常生活においての注意点

    症状や困っていることをお聞きして的確なアドバイスをします。
    頚部周囲の症状に対して除痛の治療を行い、日常生活や仕事は制限しないように活動性を維持することが重要です。
    嘔気や嘔吐、めまいが強い場合は数日安静にしていただきます。
    長期や過度の安静は逆効果となりますので、注意が必要です。

  • リハビリ治療

    活動性を維持するため、受傷早期からの運動療法は有効です。
    温熱療法などの物理療法は運動療法の補助として行います。

当院での方針

頚椎の運動を通常通り行って良いことを説明し、早期から投薬・ブロック注射・リハビリ治療を総合的積極的に組み合わせて、痛みを取り除いていき、過度の安静をしないように教育し実践していきます。
当院では物理療法並びに運動療法を組み合わせたリハビリ治療が可能であり、急性期・慢性期に適した投薬・ブロック治療による痛みの治療が可能です。

症例04

バイク事故で半月板を損傷し、半月板手術を施行。術後リハビリ目的で来院。

  • 膝半月板

    膝半月板は膝関節の大腿骨と脛骨の間にある軟骨様の組織で、内側と外側にあります。
    半月板は関節にかかる体重を分散させるクッションとしての機能と関節を安定化させる役割があります。半月板を損傷すると、膝の曲げ伸ばしなどで引っかかり感や痛みの症状がでてきます。
    半月板自体には血行が少ないため一度損傷すると治りにくく、術後は慎重なリハビリテーションが必要となります。大腿四頭筋とハムストリングスをバランスよく強化し、次にそれらの筋肉の柔軟性を高めるため、ストレッチングが必要となります。

当院での方針

当院では、日常生活動作に支障がないレベルの運動機能を回復することが目標であるメディカルリハビリテーションのみならず,スポーツ選手がもとのレベルのスポーツ活動に復帰できることが目標であるアスレティックリハビリテーションも可能です。

  • 講師=コンサルタント
    理学療法士が2名も在籍

    他院では珍しい理学療法士が在籍し、医師と連携しながら運動療法を提供してます。
    痛みや違和感がある場合でも、多様な運動方法やマッサージなどを通して多角的に機能回復・生活改善にアプローチしていきます。
    「今日はちょっと痛い!」や「曲げると違和感がある」、「スムーズに曲がらない」など、その日のちょっとした変化も教えてください。

  • 研修アドバイザー
    リハビリや日常生活を妨げる
    痛みをお薬でしっかりケア

    内服薬はもちろん、外用薬などを用いて痛みの緩和ケアを行っています。
    使用する薬のタイプや頻度や期間など、症状の度合いや希望を踏まえ単体での使用や複数を組み合わせての使用も提案しています。

かねしろ整形外科の4つの特徴

  • 総合的なアプローチを実現

    医師と理学療法士が連携

  • 近くて通いやすい

    最適な治療を提案

  • 治療に専念できる院内設備

    リハビリルーム完備

  • リハビリをよりスムーズに

    痛みを和らげる治療法

急性期病院・総合病院からの紹介実績もあり

  • 地域で生きる第一歩をサポート

    入院治療をおこなっている患者様の退院後の受け入れを行っております。
    入院時の治療・リハビリだけでは機能の回復が不十分な場合、当クリニックで引き続きの治療を行うことが可能です。
    入院中の限られた環境での生活とは異なり、日常生活では様々な刺激や負荷が多く改善した機能が、再び悪化しやすいリスクがあります。
    退院後の生活にスムーズに復帰できるようサポートしています。

    ご紹介いただきました
    JCHO星ヶ丘医療センター, 関西医科大学附属病院, 大阪複十字病院, 上山病院,小松病院, 寝屋川生野病院, 守口敬仁会病院,
    JCHO大阪病院,大阪大学医学部附属病院  など多数の病院との連携実績がございます。

まずは、ご相談ください

事故にあって痛みがある。
次の病院を探さないと…
身体の不調をお気軽にご相談ください。

  • 予約フォーム・お電話にて相談内容をお知らせください。
    日程などを調整いたします。
  • 来院いただき相談内容を伺います。
    事故で痛めた患部を検査や問診などで、総合的な診断をおこなってまいります。
  • 検査や問診で決定した診断をもとに、診断の説明と治療の方針を相談いたします。
    不安や不満などがある場合は遠慮なくご相談ください。
  • 治療方針に則した投薬やリハビリをスタートします。
    不都合や無理がないかの確認もおこなってます。

すでに他院で検査などをおこなっている場合、省略できる検査もありますので、ご相談ください。
気になることは医師・理学療法士・スタッフにご相談ください。

  • お家から徒歩や自転車での通院が厳しくても大丈夫

    駐車場完備で無理なく通えます

    徒歩15分
    葛原/池田西町/池田旭町/長栄町/大利町/大利本町/春日町/宝町/黒原城内町/黒原旭町
    自転車15分
    金田町/佐太東町/御幸東町/成美町/清水町/黒原橘町/楠根北町/下木田町/萱島桜園町/朝日町/大倉町/幸福町/上島町/上野日町/古川町/野里町/高宮新町/太秦元町 など
PAGE TOP