広い院内で、リハビリ施設も充実。

リハビリ室は120㎡ほどの広さで、牽引や電気などの物理療法のみでなく、専従の理学療法士による上肢の運動療法や歩行訓練などを行います。

理学療法士から、日常生活や運動療法の説明も受けられます。


頚椎牽引

くびやこしの筋肉の緊張をとる、筋肉や靱帯などに対するマッサージ効果、組織の腫れの軽減、循環の改善を目的として行います。

フラットパネル(フジフィルムメディカル)

レントゲン撮影が短時間で被爆量も抑えられます

温熱療法 比較的表在にある組織で大きな部分に有効です(腰部、頚部、膝など)。


ウォーターベッド

「水」の流体特性を応用し、マッサージと同様の力強く・心地よい刺激をつくりだします。

骨密度測定装置(日立メディカル)

DEXA 法による最新の骨密度測定装置を設置しております、股関節と腰椎でもっとも正確に診断することができます。

ひとり 1 人に適切な運動強度を合わせて有酸素運動を行い、筋力や体力を向上させます。


腰椎牽引

電気療法(干渉低周波)電気を流すことで、体内で電気的な” 揺らぎ” を作り出し、マッサージされているような心地よい筋収縮を生じさせます

超音波検査(GE)

無侵襲であり、X線撮影と違い被曝の心配なく、繰り返し行うことができる検査です。消化器や心臓や関節などさまざまな部位を検査することができます。

PAGE TOP