ロコモを予防して健康寿命を延ばしていこう!!

厚生労働省のデータによると、近年、平均寿命と健康寿命の差が拡がってきています。
2001年の男性の平均寿命が78.07歳に対して、健康寿命は69.40歳で、その差は8.67年でした。つまり、健康でない状態になってから8.67年後に亡くなるということです。
同じ年の女性の平均寿命は84.93歳に対して、健康寿命は72.65歳で、その差は12.28年でした。
それが2013年のデータでは、男性の平均寿命80.21歳に対して健康寿命が71.19歳で、差は9.02年。2001年の8.67年と比較すると差が大きくなっています。女性のデータでは、平均寿命86.61歳に対して健康寿命が74.21歳で、差は12.40年となり、2001年の12.28年と比べて、やはり長くなっています。
データ上では、病気などによって介護や支援などが必要になってから亡くなるまでに、男性では約9年、女性では約12年もの時間があることになります。
このデータから、平均寿命に着目することより、健康寿命を延ばしていく必要性がよくわかります。
この差が拡がらないよう、健康維持に努めて介護や寝たきりといった生活をできるだけ少なくすることが大切です。

大正製薬HPより

では、支援や介護が必要になる原因にはどのようなものがあるのでしょうか。
以下の表は、要支援者・要介護者別にみた介護が必要となった主な原因です。

厚生労働省 H28年国民生活基礎調査より

要支援者・要介護者合計での1位は「認知症」、2位「脳卒中」、3位「高齢による衰弱」という結果が出ています。これ以外の原因として、関節疾患、骨折・転倒などもあがっていますが、これらの骨や関節、筋肉などの運動器の障害をロコモティブシンドロームといいます。

ロコモティブシンドロームは加齢により誰にも起こりうる現象ですが、骨折や転倒につながり、それが原因で介護が必要な生活になる可能性が大きいことから、予防が非常に重要だといえます。移動機能の低下を早期に発見し、適切な対処につなげることがロコモ予防のポイントになります。腰痛や膝痛は「年のせい」と考えがちだが、運動器疾患の予兆を放置することで、背景にある重篤な疾病を見逃してしまう可能性もあります。年齢にかかわらず思い当たる習慣や症状がある場合には、医療機関を受診しましょう。

日本整形外科学会ロコモパンフレット2015年度版より

関連記事

  1. 手指の外傷

  2. 骨粗鬆症と腰痛

  3. 膝の痛み

  4. 頚部痛

  5. 痛風・偽痛風

  6. 足関節捻挫

PAGE TOP