手指の痛み

母指CM関節症

母指CM関節症はDIP関節症に次いで多く見られる変形性関節症で,多くが中年以降の女性に生じます。物をつまむ時やビンのふたを開ける時など母指(親指)に力を必要とする動作で、手首の母指の付け根付近に痛みが出ます。進行するとこの付近が膨らんできて母指が開きにくくなります。また母指の指先の関節が曲がり、手前の関節が反った「白鳥の首」変形を呈してきます。

病態としては靱帯の緩みにより,第1中手骨基部が背側亜脱臼するようになり関節症性変化が生じ,更に進行すると母指内転筋の作用により内転拘縮が生じ,母指の開大が出来ずに大きなものを把持できないなどの症状を訴えるようになります。まず保存治療が試みられ,消炎鎮痛剤,関節内ステロイド注射,装具療法などが挙げられます。保存治療に抵抗する症例に対しては,手術治療が施行されます。力仕事を必要とする若年者では関節固定術が選択されることが多いですが,いずれの手術方法も比較的安定した長期成績が報告されており,現在のところ術式間に優劣は見られないです。

参考文献
小笹泰宏 北海道作業療法・35巻3号・2018年8月

狭窄性腱鞘炎

狭窄性腱鞘炎は,手の疾患のなかでは頻度が高いです。腱は効果的な手指の運動が生じるように複数の靱帯性腱鞘を通過し,骨から浮き上がらないような構造をしていますが,腱鞘炎では腱自体の肥大や腱鞘の肥厚が原因となって腱の滑走が障害され、疼痛や運動障害が出現します。

ドケルバン病(de Quervain disease)

橈骨茎状突起部の第1背側区画における短母指伸筋腱と長母指外転筋腱の狭窄性腱鞘炎です。不慣れな仕事や手の酷使などの慢性機械的刺激が本疾患の原因と考えられており,日常手をよく使用する中年の女性に多いです。

「手首が痛い」と来院する患者がほとんどで,疼痛部位や疼痛を引き起こす動作を尋ねることにより,その診断は難しくはないです。橈骨茎状突起部の疼痛を訴え,局所に圧痛と腫脹を認めます。母指の運動,握り動作,手関節尺屈によって疼痛が強くなります。誘発テストとしては,患者に母指を示指~小指で握らせて手関節を他動尺屈させることによって橈骨茎状突起部の疼痛が誘発される方法がよく知られています。

治療として腱鞘内ステロイド注射が有効です。外固定による局所安静は有効という報告もあります。頻回の注射や高濃度の薬液は腱断裂を惹起する恐れがあるため,頻回の注射は避け,注射後短期問で再発するような場合は手術を薦めています。

①短母指伸筋腱:おもに母指を伸ばすはたらきをする腱 ②長母指外転筋腱:おもに母指を広げるはたらきをする腱 ③腱鞘(第 1 背側伸筋腱区画・第 1 コンパートメント):①と②の 腱が通るトンネル

弾発指

手指の疾痛と機能障害の最も多い原因であり,ばね指とも呼ばれています。慢性的な機械的刺激により,多くは中手指節間(MP)関節掌側の靱帯性腱鞘(Al pulley)(図6)と屈筋腱の大きさが合わなくなり屈筋腱の滑走性が低下し,手指の屈伸の際の引っかかりやばね現象を生じるようになります。50歳代に多く,男女比は1:6といわれています。罹患指は母指が最も多く,次いで中指,環指に多く認める.また,糖尿病,関節リウマチ,透析患者では多発することが多く,手根管症候群に合併することも多いです。

「指が痛くて動かしづらい」「物が握れない」「指がカクカクする」と来院する患者が多く,MP関節掌側の靱帯性腱鞘(AI pulley)に腫脹と圧痛があり,ばね現象があれば診断は容易です。

治療

一般的に腱鞘内ステロイド注射が有効とされています。ただ腱断裂を惹起する恐れがあるため,頻回の注射は避け,注射後短期間で再発するような場合は手術(腱鞘切開術)を薦めています。

参考文献

中島祐子ら MB Orthop.29(11):37-44,2016

関連記事

  1. 足部・足関節のトラブル

  2. 手指の外傷

  3. 靴に関して

  4. 下肢のしびれ

  5. 足関節捻挫

  6. 頚部痛

PAGE TOP