こどものスポーツ傷害~大人との違い~

成長期のスポーツ傷害

成長期(小学生から中学生)に発生しやすい「スポーツ傷害」は、いわゆる慢性障害が多いです。成長期における身長の増加は、主には骨の成長であり、骨の成長は骨の骨端部に存在する比較的柔らかい組織である成長軟骨層で起こります。これらの骨端部(成長軟骨)の早い成長に対し、筋・腱の発達が追い付かないために相対的に短縮することとなり、結果、緊張が強まることで柔軟性の低下が起こります。成長期においては、上記の理由により付着する腱が筋肉の収縮(張力)などにより過剰に引っ張られ、成長軟骨層は、繰り返しのストレスを受ける環境下にあります。また成長軟骨部は力学的ストレスに弱いことも重なり、軟骨の付着部において障害が生じやすくなります。これらの骨と筋・腱の発育発達段階でみられる特徴から、成長期の障害は、筋肉や腱などの傷害、例えば肉ばなれやアキレス腱断裂などは少なく、骨端部に存在する軟骨や関節軟骨の損傷、その他、疲労骨折などが起こりやすいことが示されています。

骨折

骨の長軸方向の成長は骨量の増加より先行します。成長期のピーク時である中学生時には骨量が十分でなく骨密度が一時的に減少するため骨折が生じやすく注意が必要です。また,成長期の骨は未成熟で短く細いために成人の骨よりも強度は低く,力学的ストレスに対して弱いです。したがって,特定のスポーツ動作が繰り返されると,骨の同一部位に外力が慢性的に加わり(overuse),微小骨折が進行し疲労骨折へと進展しやすくなります。

RICE療法

RICEはrest(安静),icing(冷却),compression(圧迫),elevation(挙上)の頭文字を表し,安静は外傷の悪化を防ぎ,冷却は炎症を抑制し,圧迫・挙上は腫脹を軽減させます。急性期の外傷時(肉ばなれ,筋挫傷,打撲や捻挫等)においてRICE療法は重要な応急処置であり、局所の内出血や炎症の波及と悪化を抑えることができます。

肘関節周囲骨折

小学低学年児が高所からの転落によって肘関節を伸展位で手をつくことによって骨脆弱部である肘関節周囲の骨折を生じます。多くは手術適応となります。腫脹や変形による血流障害が生じ,筋区画内圧が急激に上昇すると,コンパートメント症候群(Volkmann拘縮)をきたすことがあり,筋・神経の変性壊死が生じるため早期発見・治療が必要です。

突き指

いわゆる“突き指”はスポーツ外傷のうちで最も多く,バレーボールやバスケットボールで指先にボールが当たって指の過伸展や過屈曲を強制されて生じます。打撲や捻挫だけでなく,腱断裂や剥離骨折,靭帯損傷を生じていることもあり,正確な診断と的確な治療を受けないと変形や可動域制限,運動時疼痛が残ることがあります。

骨盤裂離骨折

ダッシュ時やサッカーのキック動作時に骨盤の前・後面(前腸骨棘・坐骨結節)の筋の付着部に生じます。中学・高校生の男子に多いです。突然激痛を生じ,転倒し起立困難となることがあります。安静加療による骨癒合にて改善されますが,スポーツ復帰には2~3か月が必要で,復帰には周囲筋群のストレッチを十分に行う必要があります。

Osgood-Schlatter病

成長期の脆弱な脛骨粗面に膝蓋腱からの牽引力が繰り返し加わった結果,骨化核が肥大あるいは癒合不全となった状態です。スポーツと関連し,男子に多く,好発年齢は男子で10~15歳,女子で 8~13歳で,膝痛(走る,ジャンプ,階段昇降)があり,サッカー,野球,体操,バレーボール活動に多いです。脛骨粗面の腫大・圧痛があり,大腿四頭筋収縮で疼痛が誘発されます。

離断性骨軟骨炎

関節軟骨が骨より離断する疾患で,スポーツ活動性の高い成長期に多いです。膝関節・肘関節(野球肘)でみられます。関節痛や腫脹,運動時痛,引っかかり感などを訴えます。早期では保存療法も有効なため早期の受診が勧められます。

円板状半月

膝関節の外側半月板に多く,膝屈伸時や伸展制限,弾発現象(ひっかかり・ロッキング)を呈します。運動制限や可動域制限があれば手術(半月板形成術)が行われます。

有痛性分裂膝蓋骨

膝蓋骨外側上部での分裂が多く,運動時(膝伸展時)の疼痛,分裂部位での叩打痛を認めます。

脛骨疲労骨折

弱い外力が繰り返し加わることによって生じた骨折で,発症年齢は16歳がピークです。脛骨上中1/3(疾走型),下中1/3(跳躍型)に運動時痛が出現します。同部に叩打痛を認めます。初期ではX線像で病変が明らかにならないことがあり、注意が必要です。

シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)

下腿中下1/3の内側に疼痛がランニング,ジョギングなどで生じます。脛骨後内側面に圧痛を認めます。ひらめ筋などが付着する脛骨骨膜の炎症が原因となります。

外脛骨障害

外脛骨は舟状骨の後内側に位置する過剰骨で,足部の中央内側に骨性隆起部に疼痛と圧痛を認めます。後脛骨筋不全と関連し、足は縦アーチ(土踏まず)が低下した扁平足を呈します。

Sever病

アキレス腱や足底筋によって踵骨の骨端核が牽引されることによって生じる骨端症です。 学童期に多く,踵骨の圧痛や叩打痛を認めます。アキレス腱のストレッチ指導が有効であり、予防法の一つとして、踵部への衝撃軽減のためにヒールカップの使用が推奨されています。

上腕骨近位骨端線離開

overhead動作の多いスポーツで、特に野球にみられる障害でリトルリーグ肩(Little leaguer`s shoulder)とも呼ばれています。10~15 歳に起こり、投球動作による上腕骨近位骨端線部に捻れと牽引力が繰り返し加わることで発生します。特に利き腕の肩の痛みや脱力感を訴える場合が多いです。X 線像にて骨端線の離開がみられます。離開が軽度の場合は1~2か月間,投球を中止します。

ケガを予防するには?

これら障害の要因については、まずは筋肉の柔軟性の増大が求められます。その為には、スポーツ活動前後に行われるウォーミングアップやクーリングダウンでのストレッチングを十分に行うことが重要です。また、スポーツ活動以外の時間においても、気になる箇所についてストレッチングを小まめに行うことが大切です。その他、身体の柔軟性チェックや、膝や足部などのアライメントチェックを行うことが望ましいです。
発生しやすい障害に関する理解を深め障害予防の意識をもって、早期発見・治療に努めることが重要です。

参考文献

内尾祐司 診断と治療 Vol.106-no.12 2018(92)
佐野村学 帝京大学スポーツ医療研究 第 12 巻:21-26

関連記事

  1. 坐骨神経痛

  2. 膝の痛み

  3. 肘内障とは

  4. 頚部痛

  5. 肩痛

  6. 手指の痛み

PAGE TOP