骨粗鬆症と腰痛

骨粗鬆症と腰痛-骨粗鬆症性椎体骨折-

病態と症状

骨粗鬆症に伴う骨折のうち,すべての年代において最も頻度が高いのは椎体骨折です。また骨粗鬆症性椎体骨折は高齢者に代表される骨折であり,軽微な外力によって発生します。転倒や重量物を持ちあげるなどの日常生活動作で発生し,骨粗鬆症が高度になると,くしゃみや寝返りなどの動作で骨折を生じるケースまであります。近年では「いつの間にか骨折」として広く知られています。典型的な症状は腰背部痛です。腰部前屈時や動作時にはとくに痛みが増強します。骨折した椎体が骨癒合してくると痛みは徐々に軽減しますが,圧潰変形により腰背部の後弯変形が残り立位のバランスが悪くなります。杖やシルバーカーが必要となる人もいます。脊柱後弯は胸や腹部の容積を減少させ,呼吸器障害や消化器障害などさまざまな内臓器の障害を引き起こし,生命予後にも影響します。骨折部が骨癒合せず偽関節になってしまうと痛みが持続します。偽関節を放置すると骨片が脊柱管内に突出し,脊髄や馬尾神経を圧迫すると下肢のしびれや痛み,下肢運動麻痺,膀胱直腸障害が出ます。

画像診断

通常は単純X線検査で診断が可能です。椎体が圧潰して変形しているのが確認できます。
しかし,受傷早期には単純X線検査で椎体の圧潰変形がなく,診断がつかないことがあります(図1)。また,単純X線検査では変形椎体が新しい骨折なのか,古い骨折なのかの判断が難しいこともあります。新しい骨折か判断が難しい場合には,MRI検査を行います。MRI検査では骨折椎体内に信号変化が確認されます(図1)。信号変化があれば,新規の椎体骨折と診断することができます。圧潰変形は時間経過で進行することがあるので,骨癒合が確認できるまでは定期的な画像検査が必要となります。

治療

保存的療法

新規椎体骨折が確認された場合,保存的治療が主体となります。保存的治療では,安静、コルセットによる外固定,骨粗鬆症の薬物治療,リハビリテーションを行います。コルセットにはダーメンコルセットやジュエット装具があります(図2)。基本的には外来通院で治療を行いますが,痛みが強い症例では入院して床上安静が必要となります。高齢者では安静臥床が長くなると,下肢筋力の廃用症候群や深部静脈血栓症,褥瘡,肺炎,認知症などが発生します。痛みが軽くなれば,早期からコルセットを装着して離床して歩行訓練を行います。 椎体骨折は通常2~3ヵ月で骨癒合して疼痛は改善しますが,約20%で癒合が遷延しそれがつづくと骨癒合不全そして偽関節にいたります。骨粗鬆症の治療薬として,テリパラチドやロモソズマブといった骨形成作用をもった薬剤では疼痛の改善作用も報告されています。

ダーメンコルセット

ジュエット装具

手術的治療

保存的治療を行っても骨癒合せず偽関節になると痛みが持続します。また,骨片が脊柱管内に突出すると遅発性麻痺を生じることがあります。保存的治療で難治性の場合には,手術的治療が選択されます。手術的治療では、インプラントを用いた後方固定術や経皮的椎体形成術が行われています。近年,バルーン椎体形成術(balloon kyphoplasty:BKP)の良好な治療成績が報告されています。骨セメントを注入する治療法で,2011年より日本で保険適用となりました。低侵襲で比較的安全な手術ですが,一方で骨セメントの漏洩や隣接椎体骨折などの合併症もあり,注意も必要です。

参考文献

白石康幸 整形外科看護2020 vol.25 no.7
本郷道生 宮腰尚久 LOCO CURE vol.6 no.2 2020

関連記事

  1. こどものスポーツ傷害~大人との違い~

  2. 下肢のしびれ

  3. ロコモを予防して健康寿命を延ばしていこう!!

  4. 頚部痛

  5. 足関節捻挫

  6. 肘の痛み

PAGE TOP