糖尿病

1.糖尿病とは

糖尿病は、インスリン作用の不足によって慢性の高血糖をきたす疾患です。糖尿病により、網膜症、腎症、神経障害の細小血管症や、心筋梗塞、脳梗塞、下肢閉塞性動脈硬化症などの大血管症といった慢性合併症をひき起こします。これらの慢性合併症を予防するため、慢性の高血糖を的確に診断し、糖尿病の早期治療につなげることが重要です。

2.糖尿病の診断

糖尿病の診断は、空腹時血糖やHbA1c、75g経口ブドウ糖負荷試験(75g oral glucose tolerance test;75gOGTT)で行います。慢性高血糖は以下のa〜cの3つの方法で判断されます。

a.糖尿病型を2回認める(1回はかならず血糖値が糖尿病型である)

糖尿病型とは、以下の①〜④のいずれかの場合です(図1)。

  1. 早朝空腹時血糖値 126mg/dL 以上。

  2. 75gOGTT で 2 時間値 200mg/dL 以上。

  3. 随時血糖値 200mg/dL 以上。

  4. HbA1c 6.5%以上。

b.血糖値の糖尿病型を1回認め、かつ慢性高血糖症状の存在を認める
慢性高血糖の症状は以下の2つがあります。

  1. 糖尿病の典型的な症状(口渴、多飲、多尿、体重減少)。

  2. 確実な糖尿病網膜症。

c.過去に糖尿病と診断された証拠がある
現時点での糖尿病の診断基準を満たさなくても、過去に a もしくは b を満たせば糖尿病と診断されます。
慢性高血糖の症状の一つに体重減少がありますが、その際の随伴症状を確認します。さらに20歳時の体重、過去の最大体重と年齢についても確認します。2型糖尿病は遺伝的背景が関与するので、糖尿病の家族歴についても情報を集めます。
糖尿病の疑いがある人(HbA1c のみ糖尿病型、血糖値が1回のみ糖尿病型)、空腹時血糖値100〜125mg/dL、随時血糖値140〜199mg/dL、HbA1c 5.6〜6.4%、肥満や脂質異常症の患者、家族歴が濃厚な場合は、積極的に75gOGTTを施行します。血糖値は空腹時血糖値、75gOGTT 2時間値(または随時血糖値)の組み合わせにより、図1のように正常型、境界型、糖尿病型にわけます。

表1

糖尿病の臨床診断のフローチャート

3.糖尿病の治療

糖尿病は生涯を通して、いかにうまく付き合っていくかがポイントとなる疾患です。血糖値を下げることは治療の手段であって、目的ではありません。本来の治療の目的は、高血糖による代謝の異常を改善し、糖尿病に特徴的な合併症、および糖尿病に併発しやすい合併症の防ぎ、健康寿命をのばすことになります。血糖値のコントロールが基本となりますが、その手段としては食事療法、運動療法、薬物療法の3つが中心となります。 食事療法や運動療法を行っていても血糖値の改善がされない場合に、薬物治療を行います。薬物療法で使用される薬剤には、大きく分けて経口血糖降下薬とインスリン注射薬があります。どの薬剤を使用するかは、年齢や肥満の程度、合併症の程度、肝・腎機能、インスリン分泌能やインスリン抵抗性の状態などを含めて、医師と相談のうえ決めます。

糖尿病は、適正な血糖値のコントロールを行うことができれば、重い合併症を防ぐことが可能な病気です。糖尿病治療を成功、継続させるためには、一喜一憂しすぎないことです。1人で頑張るとストレスに感じてしまうこともあるかもしれません。当院メディカルスタッフもあなたを支えるパートナーの一員ですので、遠慮なくご相談ください。

参考文献

鈴木潤一 小児内科 Vol. 51 No. 4,2019‒4
佐藤麻子 医療検査と自動化 Vol.45 No.1 2020

関連記事

  1. かぜ症候群とは

  2. 新型コロナウイルス感染症

  3. 成人の2人に1人は高血圧! しっかりとした血圧管理を!

  4. 下痢・便秘

  5. 市中肺炎とは

  6. 脂質異常症

PAGE TOP