頚部痛

疼痛の場所により,項部痛,肩甲上部痛,肩甲骨上角部痛,肩甲間部痛,肩甲骨部痛と称され,これらが頚部痛となります(図)。頚部痛の原因はさまざまであり,以下に代表的疾患の特徴と治療方法について記載します。

 

頚椎椎間板ヘルニア

頚椎椎間板ヘルニアによる頸部痛,上肢痛は日常診療でも遭遇する機会が多いです。頚部痛と神経根症状を呈する症例では保存治療の奏効率は70~90%とされており,治療の第一選択となります。

頚椎症

健常人においても.頸椎は徐々に加齢性変化が生じることが知られています。頚椎加齢性変化は30歳ごろより始まり、女性よりも男性に多く見られます。変性の進行は頚椎症変化を来し,慢性頚部痛や上肢へのしびれ,疼痛が生じます。頚椎症に対してもヘルニアと同様に頚部痛,神経根症状のみの場合には保存治療が第一選択です。

靱帯骨化症

脊柱靱帯骨化症(後縦靱帯骨化症,黄色靱帯骨化症)はいまだに原因が不明であり,一般的に中年以降の男性に多く見られます。症状を伴わず画像検査で偶発的に発見されることもあるために,神経症状が出現しているかどうかを診断することが必要です。中年期に発症したものでは骨化は徐々に進展するために,症状が軽微であったとしても悪化する可能性があり,転倒などにより脊髄損傷を来す可能性があります。

腫瘍性疾患

原発性脊椎腫瘍,転移性脊椎腫瘍などの脊椎腫瘍はまれであるため,非特異的頚部痛と誤って診断されることがあります。頚椎偽腫瘍は関節リウマチや頚椎症による頚椎の変形により発生することがあります。

炎症性疾患

頚椎における関節リウマチでは,上位頚椎の障害の頻度が高いです。環椎前弓と歯突起問距離(atlantodental interval:ADI)が増大し,環軸関節亜脱臼(atlantoaxial subluxation:AAS)などの不安定性を生じることが分かっています。さらに進行すると,軸椎下亜脱臼(vertical subluxation:VS)を生じます。

その他、化膿性脊椎炎,結核性脊椎炎がありますが、これらは診断が遅れると重篤な神経障害が生じ,致死的となる場合もあるため注意が必要です。

外傷性疾患

通常の頚椎損傷は転落や交通外傷などの高エネルギーにより生じ,重篤な頚部痛や神経症状を呈することが多いので,診断が遅れることは少ないです。しかしながら,歯突起骨折とびまん性特発性骨増殖症を伴った頚椎損傷は,高齢者において転倒などの軽微な外傷により生じることが多く症状も強くないため,非特異的頚部痛と診断されて頚椎カラーによる外固定などによる保存治療で経過観察される場合が少なくないです。

歯突起骨折は転倒などにより頚椎が伸展強制されて生じることが多いです。骨折のタイプによっては骨癒合不良のため手術が必要となります。

びまん性特発性骨増殖症では,強直により可撓性のない脊椎となるために軽微な外傷により脊椎損傷を来すことがあります。

参考文献

岡田英次朗ら Nippon Rinsho Vol.77、No.12,2019-12

関連記事

  1. 腰痛に関して

  2. 膝関節靭帯損傷

  3. 足関節捻挫

  4. 骨粗鬆症と腰痛

  5. 上肢のしびれ

  6. 扁平足

PAGE TOP